ショッピングモール|ショッピングモール@ブログ店でショッピングを思う存分お楽しみくださいまし〜


海外市場の動向に目を向けてみましょ!


「株式」 雇用統計を受けた利下げ観測後退でまちまち/海外市場動向
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070310-00000002-fis-biz

NY株式相場はまちまち。朝方発表された2月雇用統計で失業率が0.1%低下し、早期の利下げ期待が一歩後退したとして上値の重い展開となった。

セクター別では不動産や食品・飲料・タバコが上昇する一方で自動車・自動車部品やソフトウェア・サービスが軟調。減益となったものの予想を上回る決算を発表したナショナル・セミコンダクター(NSM)が上昇。

一方でヤフー(YHOO)はAT&T(T)がインターネット・ブロードバンド事業の提携見直しを検討しているとの報道で下落。また破綻の可能性が指摘されているサブプライム住宅ローンのニュー・センチュリー・フィナンシャルは17%の続落となった。

ダウ構成銘柄では、アルコア(AA)が2%高となり指数を牽引し
た。結局ダウは15.62ドル高の12276.32、ナスダックは0.18ポイント安の2387.55で取引を終了した。バイズFRB理事は現在のサブプライム住宅ローンの不良債権問題は序章に過ぎないとの見解を示し、一段と警戒感が高まっている。

[PR]株ド素人の団塊世代や主婦の方必見!超簡単にIPO株で1年に522万円稼いだ魔法の7枚のカード
タグ:
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック


ないものはない!お買い物なら楽天市場
書籍はやっぱりAmazon!産後ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。